凡人のための...

実はお試しコースに参加していたのですが多くの業務を抱えており時間がとれなくてあきらめたものです。
決して安いものではないですが無料登録であれば「無料なので」登録だけでもしてみてはいかがでしょうか?
内容も下記リンクから見られます。

凡人のためのBreak Rule 2016【SPINS NETWORK】
登録はこちら


売国議員追放のチャンス?

ここのブログのテーマからは外れますが未来の日本が変わるかもしれない
重要な事ですので記事にしました。

いよいよ本物の総選挙がやってきたようです。どこぞのアイドルの総選挙は
どうでもいいので投票日には皆様必ず投票しましょう!売国議員どもを
追放する絶好のチャンスです。年末で皆さん忙しいとは思いますが。。。

いきなりですが売国と聞いて「はぁ?」と思われる方もおられるでしょうが
戦後特定アジアのC国やK国は裏で日本潰しをずーっとしてきました。
教職(学校の先生)や芸能界、マスゴミや官公庁に入り込んで彼らは日本の
国益の邪魔になる事ばかりを日々しているのです。

例えばなんで日本の閣僚が靖国神社を参拝すると文句言う国があるのか?
そもそもマスゴミは自分(特定アジア)に都合のいい事しか流しません。
なので真実は???と言う方や完全にマスゴミのいう事を信じ切って
居る方もいます。

また賭け事が公営以外禁止されているはずの日本でパチンコ店が繁盛して
いるのか?(ちなみに韓国では数年前に禁止になったとか)

他にも検索をすればいっぱい出てきます。
その中からほんの一部ですが数か所ピックアップしておきます。
動画(おもしろ反日チャンネル):
https://www.youtube.com/channel/UCyWrZ3uHnN4izMD_xlwNJVQ
WEBページ
(これも特定勢力が削除に懸命?のためリンク先が切れているかもしれません)
国民が知らない反日の実態:http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1.html
選挙前.com:http://senkyomae.com/
韓国は“なぜ”反日か?:http://peachy.xii.jp/korea/
ちらしライブラリー:
https://www.flickr.com/photos/63637381@N04/page1/

まだまだあるので興味をお持ちの方はどんどん検索してみましょう!

日本人であれば自国の利益を最大限守るのは当然だと思いませんか? 
日本は日本人だけのモノでないとか言った在日や議員がいたようですが。。。

別に特定アジアの為にある訳ではないです。
日本は日本人の為にあるのです!(キリっ)

億単位を稼いでも調子に乗りすぎるとこうなります。

平成26年4月26日、実業家&株式会社フリーエージェントスタイルの
代表取締役会長・与沢翼氏が、自身のfacebookにて
「資金が完全にショートしました」と報告。
つまり事実上の破産状態であることを世間に対して伝えた。

「2013年8月期決算の法人税、住民税、及び事業税2億5千305万の支払いの
うち約1億1千万円並びに2012年8月期の修正申告分の税として8940万7200円
を追加で計約2億円支払い、並びに2014年8月期決算予定納税の一部を支払い、
フリーエージェントスタイルの資金が完全にショートしました。そのため、
今日時点において、既にフェラーリ、ロールスロイス、ベントレー3台を売却し、
住宅なども全て解約しております」(Facebookから引用)
続きを読む

消費税についておさらい

事業を始めて3年以上経ち、個人の場合前々年(基準期間)の課税売上高が
1,000万円を超えている場合は課税事業者となり、確定申告とは別に消費税
を申告する必要があります。なお法人の場合は前々会計年度になります。

基準期間の売上高が1,000万円を超えている→その年は課税事業者となり
申告が必要。
基準期間の売上高が1,000万円以下→その年は免税事業者となり申告は不要。

ただしあえて「課税事業者」を選択して払いすぎた消費税が戻ってくる
場合もあります。その方法とは?後ほどアップしますので。。。

与沢会長が書類送検される

逮捕されたと考えている方が多いようです。
まあ今まで詐欺まがい(というより詐欺?)の事を阿保ほどしてきたので
こんなデマが流れているのでしょうが。

「秒速で1億円稼ぐ条件」の与沢会長、専属運転手殴り送検 「触っただけ」否認

 専属運転手だった男性(43)を殴って軽傷を負わせたとして、警視庁麻布署は22日、
傷害容疑で、インターネット関連会社「フリーエージェントスタイルホールディングス」
の与沢翼会長(31)=東京都港区=を書類送検した。同署によると、
「右ほほを触っただけ」と容疑を否認している。

 送検容疑は9月26日午前2時45分ごろ、港区西麻布の路上で、専属運転手だった
男性が指示された駐車場所を通り過ぎたことに激高し、男性の顔を平手で殴り、
全治2週間の軽傷を負わせたとしている。

 与沢会長は飲食店で酒を飲んだ後、別の飲食店に向かう途中だった。男性は同月30日
に同署に被害届を提出しており、「駐車場所を修正しようとしたら『ここで降りる』
と言われ、ドアを開けたら『寝ぼけてるのか』と言われて殴られた」と説明しているという。

 フリー社はネット上で売り上げなどに応じて報酬を支払う「アフィリエイト広告」
で業績を伸ばし、与沢会長は「秒速で1億円稼ぐ条件」などの著書で知られる。

 フリー社は「事実確認中。担当者が不在で、何も話せない」としている。

上記事の著作権は[ Yahooニュース ]に帰属します。
yozawadebu01.jpg

大手企業が本気のアフィリエイト教材を出したようです。

ネットビジネス・特にいわゆる「稼ぎ系」の教材はほぼすべてが「詐欺」と
いわれています。
このブログをご覧になられている方の中にも一度、いや何度も。。。という方も
おられるかもしれません。
大手企業の株式会社もしも(ドロップシッピングなんかで有名ですね)が
2011年秋から提供している「アフィリエイトチャレンジ」という講座です。
どこぞの高額塾とは違い月額課金制で月2980円〜始められていらなくなれば
解約も自由というものです。
くわしくはこちらをご覧ください。

不正なアフィリエイト行為はダメ!

日本アフィリエイト協議会というアフィリエイト関係者で構成される団体が
正しいアフィリエイトのしかたを紹介しています。
http://www.japan-affiliate.org/rightafl.pdf
PDF形式になっているためPDFリーダーをお持ちでないとご覧になれません。
(たいていのパソコンにはあらかじめインストールされているはずですが)

ネットで稼いでいる方々に税務当局が目を光らせています。

以前にも取り上げましたがネットビジネスで稼いでいる方は勿論、
FXとかネットでの株取引とかで大きく稼いだにもかかわらず税務申告をしないという
ケースが後を絶たないようです。
当のご本人は「ネットだしバレない」とでも考えているのでしょうが、ハッキリ言って
「バレバレ」です。
ASPやFXやネット証券の各社は定期的に「支払調書」というのを管轄の税務署に
提出しており、不定期に税務調査も受けています。
「支払調書」には支払先の住所、氏名、電話番号、支払った金額が記されているので
税務当局から見れば一発でバレます。
そしてある日突然税務署から「お伺い」が来ます。
彼らは事前に下調べをしてから来ているのでゴマかすことはまず無理でしょう。

国税当局におびえる暇があるなら最近は下記のようなサービスもあるので活用されては
いかがでしょうか?

節税サポート「ベンチャーサポートクラブ」 節税・確定申告・会社設立・融資獲得・税務調査

国税局からのメッセージ。

【東京国税局からみなさまへのメッセージ】

アフィリエイト報酬につきましては、原則として確定申告による納税が必要です。
確定申告の要否や手続きについては、最寄の税務署にお尋ねください。

最寄の税務署は、国税庁のホームページ
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm
から確認できます。

国税当局は、インターネットビジネスをはじめとして、確定申告する必要がある
所得を得ていながら納税の義務を怠っている納税者(無申告者)に
重大な関心を持っており、あらゆる機会をとらえ、申告義務の周知を図るとともに、
情報の収集に努め、無申告の方を把握した場合には、厳正に対処することとしております。

申告期限内に確定申告した場合には納付すべき税額のみですが、
申告期限を過ぎてからの申告(「期限後申告」といいます。)の場合には、
納付すべき税額のほかに無申告加算税及び延滞税を併せて納付する必要があります。

無申告加算税は、納付すべき税額に対して以下の区分による割合を乗じて計算した
金額となります。

・自主的に期限後申告をした場合   :無申告加算税(5%)

・税務調査により期限後申告をした場合:無申告加算税(15%又は20%)

※仮名・借名等の隠ぺい仮装行為等が認められた場合には、
無申告加算税に代えて重加算税(40%)が課される場合があります。

アフィリエイターのみなさまには、期限内の適正な申告をお願いいたします。

情報商材販売大手からメッセージが。

こんなメッセージが出ていました。以下は抜粋です。
この記事を読んでおられる方にはまさか「無申告」とかはおられないとは
思いますが載せておきます。

当社では、不定期に国税当局や税務署より、
ご登録いただいている販売者さまやアフィリエイターさまとの
取引について、取引金額の確認調査(税務調査)を受けることがあります。

調査内容としましては、特定の会員さまの申告状況を確認するために、
取引先である当社に取引状況などを確認するというものです。

この税務調査が入った場合、法的な応諾義務がありますので、
登録情報や取引履歴を開示することとなります。

この点につきましては、利用規約にも記載されています。

さて今般、東京国税局による税務調査の際に、以下の行為を行なっている
アフィリエイターが確認されました。

■同一個人による虚偽の情報(仮名・借名等)での複数登録

この行為は、当社利用規約に違反する行為となり、
当然ながら当社で認めるものではありません。

つきましては、アフィリエイターの皆様には、
以下の点について今一度ご確認いただき、
不備がある場合は早急にご対応をお願いいたします。

1.登録情報に虚偽の記載・誤記・または意図した記入漏れの状態がないか

2.登録名と口座名義に相違はないか

3.第三者の迷惑となるような手法でアフィリエイトを行なっていないか(スパム行為など)

4.アフィリエイト報酬に対する納税を適切に行なっているか

当社では、今後上記のような行為(4を除く)が発覚した場合、
IDの停止など、より厳格な措置を行わせていただきますので
あらかじめご承知おきください。

また、納税に関しまして、東京国税局より以下のメッセージを
お預かりいたしましたので、あわせてご連絡いたします。
(このメッセージは次の記事にしました。)

なお、当社は納税等、税務に関するお問い合せには、
ご回答することができかねますので、お問い合せは
最寄りの税務署等、ご専門の方にご相談ください。


節税サポート「ベンチャーサポートクラブ」 節税・確定申告・税務調査など

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。